BluePandaria 住人、maruのうた

何かがまとまって 詩(うた)が生まれた時。 ブルーパンダリア、 maruの世界へ。

image

気づいたら何かが段々と減っていった
気づいたら誰も居なくなった

一過性のものだから
一々、くよくよしてもしようがないけれど

やりたいことを貫くと
世間一般からは逸れていく

失ったものも多いけど
それが不幸かとい言えば違う

剪定されるべき縁や関係があるんでしょう

去る者を私は追わない

また出逢ったときには声をかけられたら嬉しいです

近ごろの作品を見て
とある人が

力みすぎてないか?

と言った

そうかもしれないですね

力んで当然な状況だと思ってます
12月9日に向けて色々と思案しているので

一生に一度、魅せられるかどうかの作品です
地球の儀
image

image

予約フォームはこちらから
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSevR02JH3A6yBQWjRi_kJu8cF37fsCoQkVI3mmftqzONG4ilg/viewform?usp=sf_link

それを目指して心穏やかでいられるかってんだ!!!

頭も丸めるんだぞ、剃る
演りたくて演ります、剃髪

と、心を和ませたいのは山々ですが、
それは皆さまに表現したいことであって
私が和みたいのとは違う

私自身が至らぬ点も多々あって
反省することも相変わらず多いのですが
イライラしたり、させたり、すみません

私はmaruとして常に清くあろうと思ってなくて
そんなの無理なので
そういう荒れ狂うようなところも
まるごと表現できたらって
動いてます

醜く歪んだマルも
その時の生き様を刻んだ結果で残って
後から、それを見るのが辛くても
それが私の魅せ方です

マルは描くと可愛らしく見えること多いです
それで装ってる可能性だってある

荒々しさや他人には隠したい心の表情を
曖昧にするものでもある

そんな見方も出来ます

どうして綺麗なものばかり求めるのか
どうして親切に優しいものばかり
良しとするのか

私は揉まれ揉まれた感情の中から
湧き出てくる

美しさ

を追求したい

けれども、それは
傷のつかない、何も感じない人
になりたいのではない

傷ついて、血を流してこその
生々しさが必要なんです

実際に殴られたいわけではないですよ
察してくださいね
おほほ


なんていうか
正直、自信ありません

今度、魅せたい作品は
過去最高に駄作になるかも知れません
そうならないように準備しているけど
こういう不安は常につきまとっている

でも、過去最高に、私が
やりたい放題やる作品です

その先はわからない
やってみたら、きっと何か見える気はしています

世の中に認められなくてもいいと言えば嘘になるかもしれないけど

孤独を選んででも

演りたい、魅せたいモノのために
生きられるところまで
生きてやります

よろしくどうぞ


それから、12月9日前に出没する日があります。
image

A.part 3rd exhibition『 ・ 』
(ピリオドと読みます。終わりを意味するピリオド。だからこその始まりとするピリオド)

maru × A.part
コラボイベント

出演:maru (神田 葵)
公演日:11月25日(土)
開場:19:15
開演:19:30
閉場:21:00
予約フォーム
https://coubic.com/apart-yoyaku/139743

場所は大須のギャラリー、スカーラさん
image


というわけで夜中は物書きは危険ですね

しかしながら
飾らない本音が出せていい気持ち

私は強さの何百倍もの弱さと脆さで出来ている
そこに儚さが、人の夢がある

と信じてます

私が創るものは、生きていくのに物理的には何の必要もない

それを知ってて尚、演りたいんだもの
止められない、止まらない
image


なんのこっちゃ

2017.11.21 maru

12月9日にはソロアルバムも出す
丸いCDだよ








12月9日、生まれ育った西尾市で開催するコンテンポラリーアート、パフォーマンスアート
剃髪をし、唄をうたい、大きな絵を飾って空間ごと作品としてお届け致します。
そんな上手く説明できない一夜限りの作品お披露目についての想いを語っております。
上手く話せていませんが、精一杯の気持ちです。

是非お越しください。お待ちしております。
ご予約フォーム、詳細は下記よりご覧ください。
http://www.aoien.info/schedule

12月9日 ◉地球の儀◉
開演:17時半 (開場:17時)
場所:唯法寺(愛知県西尾市順海町12 名鉄西尾駅より徒歩10分)
入ヱン料:前売り・3500円 当日・4000円
image

***

父が他界して七年が経ちます。
ゾロ目の33歳を迎えるタイミングとも重なり、残りの人生をより“まる”く、全うすべく勝手わがままな“通過儀礼”を行います。
人の心とは?命とは?目に見えぬ尊さを どのように表現すれば良いか、ずっと掲げている志です。
今の私に、いつかの“死”から その未来を見据えて何が出来るのでしょう…。
私が生まれ育った西尾市で、また幼い頃より慣れ親しみ、亡き父も眠る場所、縁ある唯法寺にて、生まれ変わりや、人生の新たな始まり、そして輪廻転生という大きなテーマを、
“剃髪”するというパフォーマンスを含めて体現いたします。あくまでも“出家”とは異なり
私“まる”の創造する「生きる芸術作品」の一つとしてお届け致します。
生まれてから、これまで見たこともない姿になり、私が私に対しての未知との遭遇を果たすこと、そして色々と削ぎ落としていった末の真の“美しさ”を表してみたいのです。
一つの“まる”を球体化すべく、唄、舞、絵、ピアノなどとともに、皆さまを包みこむような無常観の空間にて、私の生き様を伝えるため
宇宙をも連想させる大作として名づけた“地球の儀”。
一瞬たりとも目が離させない そんな作品となります。
純粋に臨まむ と思ったのが“今”です。
私だから魅せられる芸術空間 “球体”を
どうか一緒に共有して下さい。
何卒よろしくお願い申し上げます。
日々に ありがとうござゐまる。心から。
image


image


2017.11.06 maru
maru

こんばんは。
今、やっとこさ、迷走してきたボトルデザインをやり終えました(´-`).。oO

素晴らしい方からのご依頼で
それはもう割と勝手にプレッシャーを感じていて、
嗚呼、せっかく色んなボトルをご用意くださって任せてくれたのだからと
力みすぎて
頭の中のイメージをボトルに反映させるのに
すんごく時間がかかってしまいました

とは言え、明確な納期が決まっていたわけではないのですが、

ある程度、自己申告せねば、
永遠にデザインをボトルに投影出来ぬぞ!
完成せぬぞ!!!

と魂を焚きつけまして
しっかり睡眠も取りつつ
こつこつ頑張りました

今宵は素直に頑張った自分を褒めます
(●´ω`●)なでなで

まだまだ技術的な面では、、
と思うところもありますが

最大限、努めた自負はあります

ご依頼頂いた10本の中に
一升瓶が2本あって

そのうちの1本は参考のためにも
先に納品したのですが、
(お写真をご覧下さってのオーダーゆえ現物をお届けしたく!)
image


残された一升瓶は磨りガラス調の青色、
このデザインは私の定番だけども
自画自賛しますが、
ハイパー好きなんです、納品し難い(笑)
image

image


他にも色々と和傘から
image

新境地開拓バージョンのマルなどなど
image

image

image

image

image

頑張りました
もちろん楽しみながら!!

最後に9本まとめて並べて
にやつきました

完成の図は納品完了してから
また綴ります


別件のペアグラスも完成^ - ^
image



夕食は多めに、お肉を食べました
ごちそうさま、世界!!!
ありがとう、世界!!!

とりあえず寝ます^^

それから12月9日の単独公演ですが、
予約フォームがございます
此方のリンクよりご予約可能です
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSevR02JH3A6yBQWjRi_kJu8cF37fsCoQkVI3mmftqzONG4ilg/viewform
よろしくお願いします

image

詳細は下記より^ ^
http://www.aoien.info/schedule

image

こんな格好じゃ風邪ひきますから
毛布にくるマルなり、
皆さま温かくして、おやすみくださいね
image

ぬくぬく

あと、今宵のお月さまが大きくて
とても乙でした
にやり

2017.11.04 maru



image

やりたいことが、どう影響するのかとか
価値があるのかと
考えても仕方ないし
世の中にどう認められたら正解とか
嬉しいとか満たされるとか
分からないし
最終的に、そんなことはきっとどうでもいいことだから
何にこんなにモヤモヤしてしまうのか?とやたら悔しいのですが
それは何故かというと
そういうサイクルに突入しているからで
まぁだいたい、いつものことで
通常運転の一部なのですが
やはり思い入れが強まってくると
ぐるんぐるんと自身に
振り回されるわけで
どっと疲れるんです
それが分かってて、
でも
このままの世の中では、
人間関係では、もっと危うく怖いなと
勘ぐっているので
芸術は必要だと思って
“まる”を術として伝えたい想いがあるんです
けれども、私が描いている球体は
とても現しづらくて伝えづらくて
一緒に考えてもらうようなところもあって
だから、しごく、とっつきにくいものでもあるのでしょう
つまり、そんな壮大な莫大な精神世界を
やろうっていうからには
こんな浮き沈みは当たり前なんだなと
我にかえるわけです
そして孤独になります
しかしながら、その孤独は必要不可欠で
陰差す孤独とは違うんです
ひとりぼっち寂しいなという孤独ではない
よく分からないな?と思いながら
読んでてください
全てを理解してもらおうとは思ってなくて
それぞれに咀嚼してもらえる何かがあれば万々歳ということです
ただ、今夜はやたらめったら
何だかんだ、とてつもなく
悔しい気持ち
頑張っても頑張っても成果が出ない
または体感できないと
投げやりになってしまいがち
兎にも角にも、つまるところは
12月に向けて、爆発させるつもりで
努めるわけで
やりたいことなので、
こうした心情の抑揚に右往左往しつつ
発狂しそうになるのも
致し方なくて
勝手に上手く伝わらないもどかしさに
むやみに憤慨したりもするんです
けれども、それでいいとも思っていて
そんな喜怒哀楽をもって
私は人間の死を、人生を、果てる命の美しさを
伝えられたらいいと思って
一周回って腑に落ちました
というか腑に落とします
だって眠れなくなっちゃうから(笑)
私のモノづくりって、こんな感じだ。
このヤロー
http://www.aoien.info/schedule
image

image


この作品も展示します

寝ます

2017.10.24 maru

みなさま、お忙しいでしょうから、
端的に言いませう。

maruとしての単独公演は初めてです。
image


想いは溢れるほどありますが、
生まれ変わりや命の果てが
主となるテーマです。

30代女性が、皆さんの御前で
歌って、頭を剃って、
いわゆるスキンヘッドになって、
更に歌い込む
舞台芸術をお披露目する会です。

コンサートやライヴとだけ表するには、
ちょっと異質物です。

よろしくお願い致します。

http://www.aoien.info/schedule

image

image

このページのトップヘ