自身の作品が“クズ”と言われて、正直かなり傷ついた。この子。
image

まだ自分のことを“クズ”呼ばわりされるほうが、よっぽどマシだと思った。
しかしながら、その人の目に、そう映ったのだから、
それもまた仕方のないことだとも。というか、それもまた事実だと、
受け入れつつも、その人だけのためにmaruで表しているわけでもないので
そこに焦点を当てっぱなしにはしません。
描く題材に最も相応しい己の脳内イメージを具現化するのみ。
けれど、反骨精神で、もっと誰もが汲み取れる想いや魂を
宿らせないととも思いました。
本音を言えば、、、

てめぇがやってみろぉぉぉぉ!!!!

ってなところですが(笑)えへへ

あの、ぜひ最後まで読んでくださいね(笑)怒ってはいません( ´_ゝ`)
伝わるかしらん?ww


ヒトもモノも適材適所があるような気がして、
それらを魅せたいように魅せられなかったり、悔しい想いも孕みつつ
届けざるを得ないこともあって。。単なる言い訳なんですが。

藤間さんとの「京の四季」もそうです。
私の思い描くベストな魅せ方は、まだ出来ていない。
*イメージ映像つくりましたからご覧くださいませ♪
image

https://youtu.be/ISBmyn9u4zc


いかなる環境下においても、本領発揮して
自身の世界へ誘い、引き込むことが究極、到達したいところなので、
やっぱり何を言っても言い訳ですが。。。('д` ;)

グラスなんかは、私が勝手にキャンバス代わりにはしているけれど、
キャンバスではないので、やっぱり先ず「グラス」なんです(笑)
つまり、飲み物を頂戴するための道具としての務めが彼らにはあるわけです。
大袈裟ですが(*'-'*)
お茶でも、お酒でも、使われる方が嗜む何かを注いで完成します。
威力を発揮します。多分、、、、(笑)

詰まる所、そこまでの妄想をして描いているので、その妄想が伝わるような
ディスプレイ、魅せ方を勉強しなければと反省しておりまるm(_ _)m

そう!!そんな、お勉強をしました。ありがとうござゐます。

というわけで、現在、ウタウタイでもお世話になっているAngel barさんで
使って下さっている、こちらのグラスですが
image

この様に、実際に使って頂くことによって、「クズ」を払拭できたらしいので、
汚名返上をはたせました(笑)

くわばら、くわばら。(笑)

想像しやすい道なりを用意するのも、
表現のうちかもしれませんね。。。。
毎日が勉強っ。

まだまだ戦いまする。o(^_-)O
己の内側と!!!!

2016.07.19 maru
http://www.aoien.info