◉maru×藤間勘萃「京の四季」Kyo-no-Shiki◉


先日は、公開を急ぎましたので、制作の想いをば。o(^_-)O

「京の四季」に出会ってから、1年半くらいになります。
唄うにつれて、藤間さんの踊りと交わるにつれて、
愛情が日に日に増してきております。
「育む」って、こういうことかなって思います。
もともとの端唄のメロディとは全く違いますが
ピアノブレンド、とてもお気に入りです。
image


春夏秋冬、季節の情景が浮かぶ「京の四季」は
一巡する流れのなかに、
自身が空間に描きたいマルも創造できる気がして
私が魅せたいものが、この一曲に濃厚に詰まっています。
美しい日本語、5音、7音の響きの組み合わせ。
うっとり。。。。

今回は、なかなか、この空間芸術をナマモノとして
お届けできる機会がないことを無念に思って、
イメージ映像だけでも、まずは発信してみよう!!という
試みのもと作りました。
とて、私は相変わらずのアナログ人間まっしぐら、猫まっしぐら。。
スマホ内蔵の簡単映像制作アプリに助けを乞いまして(笑)
写真を継ぎはぎしました。歌詞をこつこつ書きながら
ちょっと筆を進めては、写真をパチリ。角度も変えてパチリ。その繰り返し。

思い立ったが吉日で、夜中手前に火が点いちまったもので(笑)
出来上がったときには、もちろん朝でした。心地よい日の出。
寝てない自慢じゃありませんよ!!
よく睡眠時間がどーだとかアピールする方お見えだけども。f^_^;)
そんな美学は要らぬのだ(笑)
私の中では、短時間集中できたし、とても楽しいひと時になったという話(笑)

マル書を全面に押し出した感じになりました。
image

過去の作品や写真も散りばめました。
敢えて、季節感の出るような解りやすいものは控えました。
題名は「京の四季」なので、京都の四季をうたってはいるのだけれど
皆さん、それぞれに浮かぶ心象風景で、この作品の内側を覗いて欲しいなって思ったからです。
皆さんの「京=都」は各々違うと思います。
満開の桜より、散っている様が好きだったり、それは、きっとバラバラ。。
今、見えないものを想像して、創造して、ご覧頂きたかったのです。

約8分と、一般的には長め?の一曲かと思います。
せわしい世の中では、「聴こう」と心構えしないと聴けないかも知れません。。。
好き嫌い置いておいて、それだけの時間さえも何かに追われているといいませうか。。。
心が急いでいるというか。

そんな時代なので、やっぱり変化球投げたいんです、私(笑)
それがストライクになっちゃうまで、投げ込みたい(笑)←しつこい。

無心になるというより、ニュートラルな感覚になってもらえたらと。
天秤が釣り合っている状態って言えばいいのかしらん。。。

正でも負でもない、心を見つめなおす時間を、この作品とともに
費やしてもらえたら、嬉しいです。


藤間さんと日頃の門付芸で魅せることに手を抜いているとかじゃないんです。
ただ、もっと、したい究極の魅せ方があって、
かつ、確実に“ナマモノ”で届けたいので、そんな機会を増やしたいという願いがあって
触りだけでも知ってもらわなきゃって。

現代社会では、静寂や緊張感の伴う芸術は需要が少ないかも知れません。
というか実際に、少ないでしょう。

しかしながら、私は、これから、こういった価値観が、
やっぱり普遍的で、“ヒト”に必要なものになると信じています。

大袈裟に聞こえるかも知れませんが、
私たちは、そうやって、命や魂を削って臨んでいます。
本当です。もう一度言います。本当です。(●´ω`●)

とにもかくにも、何かしら、感じるものがあれば
何度でも、途中まででもいいので、ご覧くださいませ。

何卒、宜しくお願い致しまる(^人^)♪

って、ここまで書いても、これも読んでもらえるかどうか(笑)
おほほほのとほほ。。。(=゚ω゚=;)

2016.07.21 maru(神田 葵)
http://www.aoien.info