BluePandaria 住人、maruのうた

何かがまとまって 詩(うた)が生まれた時。 ブルーパンダリア、 maruの世界へ。

タグ:ちくさ座

先週の13日の金曜日のこと。
ジェイソンに襲われる恐怖と戦いながら・・・というのは真っ赤なウソですが(笑)

ちくさ座(単独公演でお世話になった円形劇場です)で

「AOI NO UE 葵の上」

という能とフラメンコ(コンテンポラリーダンスも含めて)のコラボ舞台を観にゆきました。

ご縁あって出演者のダンサー加藤おりはさんから、お声掛け頂いたこともあり、

源氏物語、かつ葵の上と聞いたら、行くしかない!!
というのも、高校3年生の時分、葵の上をテーマに演劇をしたのであります(笑)
わたしは恋多き男子、光源氏役。
その証拠、突如として17歳の私(笑)
学校祭にて!
image

そのとき初めてかな?オリジナルの楽曲を披露したのは。
葵の上へ向けた恋文をイメージして作詞、作曲した短い唄をうたいました。
伴奏を友達にピアノで弾いてもらいました。あの頃から鼻唄作曲。
成長が見られない私めでふ(笑)

話は戻り…そんな主観的な思い入れもありましたし、
何が、どんな風に舞台になるのか?!という多大なる興味で
ウキウキと開催を待ち焦がれていたのであります。


薄暗い空間に浮かぶ、小袖。
闇に響く、小鼓の音。
想いの熱が伝導してくるギター。
それに寄り添うおおらかな声。
絡みつく、古の言葉。
心の表裏一体を見たようなダンス。体の、蠢き。
足元にまで浮き出た筆の跡・・・


目の前で繰り広げられる、心情の移りかわりに息を飲み、
身を乗り出して、かなり前のめりに。
踊れないけど、動き出しそうな体を緊張感でおさえまくり、

どっと疲れました。。。(笑)
ただ座ってただけなのに!!この高揚感と脱力感は?!


”引き込まれて、魅了される”

まさに、それを体感した夜でした。

いろいろと事細かに、その舞台の彼是をつづるつもりでいたのですが、
映像も写真もないし、文章で表するのは、ひどく愚行かなと思って・・・

やめときます(笑)
あっさりと。

これは、生で見てもらわないと!!
再演しないかな〜〜〜(笑)

これはずっと、やり続けてほしい演目です!!!←独断

終わった瞬間の、あの、どっちつかずな空気。
これで終わり?まだ続くの??
という、きょとんとするような。
真っ暗な静寂の中で不安と期待に揺れる気持ちというか・・・

たまりませんでした(*´ェ`*)

正直、もう少し余韻に浸りたかったのですが。(拍手早いんだもん・・・笑)
まぁそれは各々の感覚ですから致し方ない。

とにかく、終わってすぐ、良かった!!し、好み!!な作品には違いなかったのです。
間違いなく興奮しておりましたゆえ。
けれども。どう、良かったのか。何を、この舞台から汲み取るべきか。というところで
熟考すべきだと感じたんです。

お持ち帰りしなきゃってね♪

分かりやすいものも好きです。
でも、こうして、自分なりに想いめぐらすものが
もっと、もっと好きです。大好きです。

ハマル。何か。

私も創造していきたいです。いい刺激物でした。

作品との出会いに心から感謝です(●´ω`●)るん♪

チケット、プログラムに至るデザインまで
繋がっていて、こういう統一感も素敵でした。
image


そうそう。これを最も伝えておかなくちゃ。
なによりも、
出演者の皆さんからの、

”魅せる”

という気迫が半端なくて、その強い想いが、
表現を通して、ドカン!!と体当たりしてきたようでした。

心地よい、体当たりです。これなら、どれだけ痛くても構わん!!
みたいな(笑)

今もまだ夢うつつであります。
すべての事象が重なりあって、十二単を纏ったような気持ちにさせられました。
憧れと羨望の最中。


私も、頑張らなくては!!!!
まる作業!まる作業!!


2015.03.18
maru

さてさて、マイペースに書きます。
やっと自身のことです。

去年の参考資料です。
http://maru-no-kokoro-uta.doorblog.jp/archives/2470769.html

http://maru-no-kokoro-uta.doorblog.jp/archives/2470858.html



かれこれ3ヶ月前になってしまいました…

念願だったMC無しの公演を、やっとこさ出来ました。ありがとうございました。

すっごい緊張感でした。ヘトヘト。

お客様も疲れさせてしまったかも知れませんね。
前情報のなかった方には、しんどい時間だったかなと。

いつも思うことは、
受け入れてもらえるか、
脳内で描いた作品を忠実に再現できるのか、と不安に押しつぶされそうになるのですが、
やっぱり、やって良かった
ということです。

やらないより、やって悔いた方が幸せ。

image



私たちに興味ない方や苦手な方も沢山いると思うのですが、

好いてくれてる方を最優先に、想いを届けていこうと思えました。

己の意思を随分と吐き出してはいますが、
こう見えても打たれ弱いところもあるので(笑)

以前は諸々と振り回されたりしてたんだけど、
今回「メグル荘」を建設してみて、

住みたい人だけ住んでくれたら
それが理想か…

なんて感じたりして

ブレずに進まむ!!と。


聴いて下さる方にも、考えて、
察してもらいたいし、

音楽を使った芸術作品として認めてもらえるように、

ナマの文学として通じるように
これからも発展させていきたいです。
BluePandariaを。

image


というわけで
12月、「メグル荘」の番外編として
初の試み単独公演2days開催します!!

12月20日
「メグル荘」の空中庭園
12月21日
「メグル荘」の地下遊宴

両日、開場は13時から
開演は14時です。

浮遊料は1日、2000円
連日お越しの方は3000円になります。

場所は地下鉄、上前津駅より徒歩3分の
ギャラリーオリウッドの3階カンタービレにて。

ラクガキ展示もします。

待ってますね。
今後の進退を決める2日間になると自負してます。
2014-10-14-15-46-37


制作に励みます。
やれるだけやります。

いつ消えるか分からないから。
毎日が遺書みたいなものですね。

刻んでおかないと。

と、生中1杯で二日酔いとなってしまった頭でボンヤリと。

リセットしに太平洋ベルトさんのワンマンへ出かけます。

maru

http://youtu.be/l-EnzRzU-ks
http://vimeo.com/m/74498301
http://facebook.com/BluePandaria

さてさて飛び飛びではありますが続きです。
げげげっ 2か月半も経っちまっている・・・今年も終わりますわねぇ〜( ・Д・)

BluePandariaの六弦と忍耐の住人tamaちゃんについて。
IMG_0010



今年も苦労かけました。というか常々ですね(笑)

tamaちゃんとのこれまでも去年を参考に・・・
http://maru-no-kokoro-uta.doorblog.jp/archives/2470669.html


なんやかんやと4年が過ぎて、こうしてBluePandariaを続けられてきて、
maruとして新たな挑戦ができるのも、
こうしたい!と次へのやりたいが芽生えるのも、tamaちゃんの存在のお陰。
ひとりじゃきっと何にも実現出来なかった。

たとえ独りきりになっても続けていこうという意思はありますよ。
活きている限りは続けたいと思ってます。maruを。

ただ、現状はそうはいかない。

表現するうえで、良きパートナーというか、同志ですね。
IMG_9756

うん、同志。
tamaちゃんに出会えたのは奇跡でしょうね。
(必然であったかもしれませんけど。)

IMG_0009


有り難い。

いろいろ書こうと思ったんだけど、そう簡単に言い表せれるものでもないですね。
とりあえず、チーム「メグル荘」を愛してる。(*´ -`)(´- `*)ぽっ

maru




忘れたころに巡ってくるものが、そう記憶なのです。

うふふ

実は、去年の「半径三拾尺ノヱン」でも綴っていて、
彼らに対する気持ちというのは変わっていないので・・・

四弦&五弦の旅人、別府園史宅(べっぷぞのふみや)っち
IMG_9935


太鼓の旅人、伊藤弘(いとうひろむ)兄さん
IMG_9937


については割愛

というのは嘘ですが(笑)
去年の記事を参考までに。
http://maru-no-kokoro-uta.doorblog.jp/archives/2470593.html

去年のことから、色々と振り返って思うことは、
やっぱり、このバンドメンバーは最高だな、ということ。

私たちのような類の者たちは、
技術の面だけで交わるのは大変に困難です。

ぞのくんや弘にぃさんのように、
音の内面というか、音楽で表わす“なにか”を察して、推測して、
考えて、心をこめてもらわないと成立しない。

彼らは、信じることができて、安心して身を委ねられる存在です。


あとね、二人の目に見える表現方法の違いも面白く思ってるんです。
ぞのくんは相変わらずクール。
弘にぃさんは情熱大陸って感じ(笑)


思い入れの強さは、二人からひしひしと伝わってくるし、
ガンガンに感じるけど、出方は真逆。

だから、そういう点では、ぞのくんは観客側からすると誤解されやすいんです。

そこで私は閃いた。
熱量を、想いを、いつか直接に体感してもらうために
何かのタイミングで
視覚が備わっている方には、目隠ししてもらわむ!!と。

私は、体現したい度数が高いので、わりと動いたり表情も重要視してますが、

見えてることによって、鈍くなっていることもあると思うし、
(見えているから見えないというか。)
BluePandariaでは、そうだな、真実に触れてもらいたいって思うので

究極を言えば、
唄ったり、奏でてないのに、聴こえてきた。

そんな“理想郷”を感じてもらえるように、
観てくださる方にも、それなりに緊張してもらえたらって心底では願ってます。

面倒な奴らに挑む心構えというか(笑)


というわけで、ベスト面子だということを、もっと伝えたかった次第です。

彼らが居てくれるから、今年も「メグル荘」を建てられました。
IMG_9942

ありがとう。

台風のさなかより、愛をこめて。
maru



http://youtu.be/l-EnzRzU-ks
http://vimeo.com/m/74498301
http://facebook.com/BluePandaria
http://maru-no-kokoro-uta.doorblog.jp/lite/

宣言通り(笑)


遡って、前回。
響きの主と灯の主の次は、

変幻の旅人、やまだえみあちゃんです。

IMG_0026


彼女とは、なんやかんやとmaruし始めた時ぐらいからのお付き合いです。

表現しよう!!と会社員を辞めたものの、
資金は要るわけで・・・
そこで始めたアルバイト先で出会いました。

かなりの仏頂面で入ってきた私に、すごく気をつかってくれて、
いろいろと面倒みてもらってました。話をすれば、えみあちゃんは役者を目指しているとのこと!!

分野は違えど、表現するということでの共通項は大きいもので、
それぞれの初公演に観客として参加したり、写真とってもらったり、
振り返ると、短期間だけど、けっこうな思い出があります。

いつか共演したいね

って、言ってて、約4年(笑)
やっと出来たのが「メグル荘」です。

ちくさ座での舞台には立ったことがない

という、えみあちゃんの一言に、ユーでちゃいなよ!!と交渉(笑)
(ちくさ座は演劇公演のが多いのです)

台詞もなく、存在感もうっすらした彼女の役どころとは・・・

目に見えないもの

です。

BlogPaint


今回の「メグル荘」、めぐりめぐるものには何があるのだろう??
そこで浮かんだものは、

縁、時、記憶、想い。。。etc
実体がないものばかりでした。

見えないものを感じてもらうには、どうしたらいいか。

考えたときに、ぱっと浮かんだのは、えみあちゃん。
何だかよくわからないものを演じてもらおうと。


IMG_9794


IMG_9822


IMG_9815


えみあちゃんと私が、公演の中で目を合わせるのは、

007号室、鏡のなかのものがたり

の間で、自身と向き合うという瞬間だけです。
それ以外での絡みはありません。

居るのか、いないのか、
要るのか、要らないのか、

そんな狭間の演出がしたかったのです。

008号室、おまもり

も、えみあちゃんの、まさに “気配”を感じながら、私は表しました。


えみあちゃんの存在感に物足りなさを感じた方もみえたようですが、
それくらいじゃないと逆に困っちゃうというのが今回なのでした(笑)

えみあちゃんに限らず、すべてにおいて邪魔をしたり、突出しては意味がなくて、
調和して馴染んでいく世界観、それがBluePandaria(理想郷)なのです。


というわけで、
私が脳内でイメージした通りに動いてくれた、
変幻の旅人、やまだえみあちゃんに本当に感謝♪
IMG_9990


ありがとうございまる!!

ちなみに来る10月5日には豊川にて、私も大好きなフルタヤストミ氏との二人芝居もありますよ。
楽しみです♪行けるといいんだけど・・・(*_*)
えみあちゃん情報は以下から!!私よりは呟いているので是非♪(笑)
https://twitter.com/xxemiaxx


終演後の3ショットで其の弐は締めくくります(*^。^*)
IMG_0101


ではでは〜〜〜ねむねむ

其の参へつづく

maru


とびとびで申し訳ありません・・・
そんなときはカテゴリーから一気に読んでみてください(笑)

8.17「メグル荘」

ここからは入居者シリーズ。
2014-08-20-21-22-40


灯の主(あるじ)、伊藤亜有子(あゆちゃん)
響きの主 後藤裕太(ごっつ)

当たり前ですが、音響さんと照明さんありきで、やはり空間は出来上がるのです。

彼らは、私たちが活動し始めてから、もう、ずぅーーーーーーーっと
携わってもらっています。
ヘンテコな時から、ヘンクツな今日に至るまで、(←成長してんの?笑)ずっとです。

去年の中身を知ってくれているがゆえに、
今年は、去年とは違う演出で魅せようよって、提案してくれたのも彼ら。
特に、あゆちゃんは私と同い年なので、親近感もあるし、イイ意味で、ズバズバともの申してくれるので
大変に気持ちがよいのです。

ぎりぎりまで細かい構成や演出が詰まらなかったし、それぞれに忙しかったので、
5日前くらいに最終打ち合わせができたんだけど、そこで、意見を言い合えたのが功を奏しましたね。
本当に。
二人に依頼しなかったら、とんでもない酷いことになってた気がします。

イメージや核は、もちろん私たちBluePandariaが創っているわけで、
それを、うまく共有してもらう工夫はするんだけど、
相手にも意識して、多少は、それを汲み取る努力をしてもらわないと円滑に事は運びません。


ひとつのお部屋みたいな空間にしたい

裸電球をともす準備も、あゆちゃんに手伝ってもらったし、
音響の、ごっつには、

寝転がって唄うのにどこで倒れればいいか(機材の関係で音がうまく反映されない時があるので)
とか
アカペラ、聴こえてる?

とか、実験的なことも多い私たちです。
忠実に表したいから、無理もそこそこ言ったはず。

当日のゲネ(最終リハーサルみたいなもの)で、また変わる構成。
重なるリクエストにも、それぞれに提案してくれたうえで、建築された「メグル荘」です。

とても頼りにしている二人です。

そうそう、裸電球を点灯するときに効果音つけるか否かも少し議論しました(笑)
tamaちゃんと意見が割れた。(でもこれは喧嘩ではありませんよ)

頑固なmaruが譲らず、本番でやってみて決めようってなって
結果、私の思い通りになりました(笑)わーい

というわけで、共同作業っていうのを無意識に効率よくこなしてくれるのが、
このチームなんです。

ほら、面子によっては、時に、煩わしさが生まれてしまうものでしょう??
またオブラート忘れました(笑)


100%、BluePandariaを分からなくてもいいんです。
この日を、この瞬間を、いいものにしようって動いてくれた準備期間と当日の空間を操ってくれたという事実が、
彼らへの一番の信用材料になってくれる。

とても感謝しています。
こういう人たちに出会えるのも有り難いこと。奇跡だわ。

まずは二人のことを書きました。
つづきは演者チームについて♪

maru






最後の最後にお届けした一曲。

メグル創に始まり、メグル奏で終えます。
歌詞を載せます。


♪015号室、メグル奏(隠し部屋)


きずだらけ 痛む こころ
ぼくの 目隠し 外してくれ

残像と雑音 たしかな記憶
もがく この“現代(いま)”の中を・・・

めぐりめぐる めぐりめぐる
めぐりめぐって 内(うち)に入(い)る

季節と風と 想いと波と すべてと つながる この空

めぐりめぐっていく ぼくの体 すり抜けて
めぐりめぐりめぐっていく 鼓動が 消えても
意識は 息をしてる


じたばたと 暴れて やみくもに叫んで
ぼくの首 しめたのは? この 両手だ


めぐりめぐっていく ぼくの体 すり抜けて
めぐりめぐりめぐっていく 鼓動が 消えても
意識は 息をしてる

めぐりめぐりめぐっていく やさしさも 思いやりも
めぐりめぐりめぐっていく あなたの ぬくもりも
めぐって 縁になる




tamaさんが作曲しました。
本番まであと数日というところで完成。
私が、ぬをーっ!!!と歌詞を書きました。時間ないわね!と。

唄いこむににも時間不足だったかなと思わないでもないのですが、
そういう状況下で創れたからこその、想いが備わったようにも思います。
鮮度抜群、まさにLIVEです。命そのもの。


誰かと繋がっていたいような、独りでいたいような。。。
素直になりきれない自分と、でも直に関わることの有意義との間で
揺れている、そんな心情を覗かせたつもりです。

誰かがいることで、孤独で自ずと苦しめていた自分自身を解放させて、
真の温かさに気付く。

めぐりめぐってきたものを、今度は自分がめぐらす番。

私にも、みなさんへ巡らせて差し上げるモノがあるといいのですが・・・

それは私にはわかりません。

現代よりも、ちょっと前に戻りたい・・・懐古主義に憧れる気持ちも込めました。


長くなりましたが、お部屋の紹介はここまで。
とびとびになりそうですが、入居者の紹介を
つづいてしていこうと思います。

その合間に近況報告も記載します。


maru

こんにちは。しんみりモードですか?
必要なことなので引き続き綴ります。

♪014号室、不透明な感情移入

本編の暗いMAX・・・・      クライマックスです。
去年の公演、「半径参拾ノヱン」では全ての幕引きで皆で演奏しました。

もともとは、カケラバンクと2組で企画した
「一〇七頁、三行目。不透明な、感情移入。」
という公演で4人で作った楽曲。それを歌詞だけ私が直しました。
リアレンジというやつです。

はっきり見えない、感情は何色なのかな?って思います。
私は、なんとなくですが、真っ黒になりやすいので、
日々、白色へ近づけようと努めてはいるのです。よ?これでも(笑)

絵の具で考えてもらうと解しやすいかと思いますが
黒から白って、もう戻せない。白に何か混ぜても、綺麗だけど、
白にはなれません。変化が良くも悪くも反映されてもとには戻れない。
人の内面も一言では表せない、色んな色が混ざり合っているような気がして、
“不透明”という言葉は、しっくり馴染みました。

言葉を掛けられないとき、心で会話するんです。
出来るときが稀にあるものです。
通じるものが、きっとある。
気付かせてくれることがある。そのキッカケが“感情移入”に結びつくわけです。

壊れてしまったり、失くしたりした、思い出のカケラを集めたら
求めていたものがあらわれて、

「メグル荘」の灯りも、ここで消えてゆくのでした。

IMG_9938



其の七へ、つづく。


河童から元の姿に戻りまして、コツコツまとめの続きです。

♪013号室、ひかりのうた
image

これを創ったのは、さかのぼること約7年前です。もう、こんなに経ってしまいました。
大学を卒業する時期でした。23歳になる年でした。
友人が突然、息をひきとりました。
胸にグッと何かが刺さったみたいで、今までに味わったことのない衝撃でした。

「生きる」「死ぬ」
“いのち”とは何だろう、と漠然と、でも見えないなにかに怯えたり・・・

今でもそうですが、迷い道の最中でしたので、「死ぬ」ということは避けられないのだから、
やっぱり何とかするのは自分でしか出来ない、というのは、それが出来ているかはのぞいても、
直感として得た答えです。

BluePandariaを創造し始めた時分から守っている作品でもあります。
久しぶりに表舞台では唄いました。
正直、今でも満足いくようには唄えていません。それは技術的な面で。

でも、これこそ、明るい曲です。

歌詞に出てくる情景には、私につながるものを描いています。
色んな人や場所、アルバムをめくるみたいに、想いと声に重ねています。

あと7日と言わず、明日、死んでしまうかもしれない今日です。
だから、この「メグル荘」終盤に選びました。

うろ覚えですが、tamaとカラオケボックスで曲作りした気がします。
金山駅のところ。


其の六へつづく

またまた、空いてしまいました。maruです。
サクッと続きです。

♪010号室、Summertime

ジャズのスタンダード?だかなんとかです。(笑)
tamaの選曲。演奏陣での一コマ。
これは唯一オリジナルではないですが、挿絵というか、そんなポジション。

BlogPaint


わたしは移動しつつ、衣装替えをば。身軽になりました。

♪011号室、3.14 π

BluePandariaのテーマ曲でもいいぐらいな作品です。
内面こそ、まるくありたい、なので円周率を掛けて円(縁)になろう。
苦手な人も、もちろんいるのだけど、そこも含めて一つの輪っかで、それが自分でもあって、
やっぱり、みんな、みんな、繋がっているもの。。。

ちくさ座の円形劇場で催す理由の一つでもありました。
空間のなかで、ひつとの円を皆さんと描きたかったのです。

IMG_9934


理想郷の理想ですね。願いというか祈りというか。
聴こえは一般的に明るい曲です(笑)おそらく!!

初挑戦したmaru作、アニメーションもデビューでした。
大きな幕のラクガキに投影した動くマルたち。

IMG_0085


写真ではわかりにくいですが、うっすら色つきのマルが動いていたマルです(笑)

1曲だけの予定でしたが、雰囲気を変えて、
ショートフィルムでも観ているかのような流れで、隣室へ。


♪012号室、かけあうことば
もともとは単身楽曲でしたが、tamaのギターアレンジが素敵すぎたのでブルパンとしても演奏しています。
これは、とても直球タイプかと。照れくさい部分もありますが、そういう部分もきっとあるはず・・・
色んな面からmaruを眺めてください(笑)

とても、とても、大事な作品です。
親友の依頼がキッカケで、ずっと温めていた卵が孵った感じ。
最初は、親友たちだけのための贈り物でしたが、たくさんの人へ贈りたいです。

IMG_9928



そして、また其の伍へつづく



このページのトップヘ