BluePandaria 住人、maruのうた

何かがまとまって 詩(うた)が生まれた時。 ブルーパンダリア、 maruの世界へ。

タグ:カメラマン

ラクガキもウタも予定あります。
宜しくお願いします♪


5月3日(日)
@佐久島 カフェ&バー じょえる
*お店が開店してから閉店するまで。
image

image


店内にて壁やらにラクガキする企画です。
グッズも数点もっていきます。
佐久島の観光がてら、お出かけください。

日焼けが嫌だという私のワガママから生まれたたくらみです。


5月4日(月)
@サロン・ド・マチロン
〒4460833
昭和区隼人町7−13サンシャイン杁中2A
*地下鉄いりなか駅近くだそうです。
image


15時ころ〜

藤間勘萃さんが、弾いたり、落語したりしてのち、
私が混ざって10分ほどですが共演いたしまる♪

席に限りがあるそうですので、お問い合わせくださいませ052-893-6723

この二人では今月、あと2本の本番がございます
おたのしみに!!


それから現在、開催中です
image


5月6日(水)まで
中部クリエーターズクラブ・ポスター展
@名古屋市民ギャラリー矢田
4F 第1展示室

11:00〜19:00
*最終日は17:00


我らが漆脇美穂さんの写真作品が展示されています。
しかも、作品のモデルは私!!!行かなくては!!!


ひとまず、おしらせでした(*・ω・)ノ



2015.04.30
maru

今年の3分の1過ぎたのか・・・Σ(=゚ω゚=;)
もっと頑張らねば・・・(笑)









じっと、じっと黙っておりました。
今年は自身にとっては、より特別な12月でした。
メグル荘公演、2日間終えるまでは我慢、我慢という感じで口を噤んでおりました。


あぁ〜やっと解放〜(笑)


先日の12月9日、16時12分、
満30歳になれました。

人として女性として表現者として、
本能的に節目だと強く感じた今年は、

一肌、脱いでみました。
本当に衣、脱ぎました。(笑)

title「キワマル」
撮影 漆脇美穂

2014-12-13-12-39-45


両親から授かった、いのち。
母から与えてもらった何不自由ない肉体。

にも関わらず、私は自身を大切にするどころか
傷つけてしまっていた時期がありました。

*ご参考までに以下
http://maru-no-kokoro-uta.doorblog.jp/archives/2470769.html


心身ありきで、「今」がある。

(いつ、この命も肉体も失ってしまうか知る由もなくて、
父の天命を基準にすれば、
私はとっくに人生折り返しています。)

そのことに深く感謝する意味で"Art"として、私の肉体を保存したかったのです。

自分自信をキャンヴァス代わりにしてラクガキもしました。
マル、マル、マル、マル…

そして、30代から、さらに
maruくなるための
BluePandaria単独公演も
20日、21日と素敵な流れのなかで唄えました。
巡り巡ったメグル荘は
私の栄養素です。

生き様が遺産となり
誰かの何処そこに"ウマル"ことが出来るように、
今後も努めて参ります。

私がmaruを終えるのは、
私が死ぬときでしょう。
自身の葬儀で最期のmaru展をしたい。

maruを只管に続けていこうという決意が、より硬く塊になりました。

title「カタマル」
撮影 漆脇美穂

2014-12-14-18-42-40


この写真も宝物です。
静寂のなか、決意が、固まる。
そんな想いのtitleです。


最後に…

私と出会ってくださって
ありがとうございます^_^

離れていきたいときは、ご自由に。
構いたくなったら、それもまたご自由に。

私は私の道(三十路)を行き続け、
しぶとく生き続けますから(笑)
あははははは!!

大口叩きやがって!と思われない、
説得力ある大人を目指して
もっと、もっと精進いたします。

ひきつづき、
宜しくお願い致しまる!!!




30年と14日のmaruより
2014.12.23

カメラマン、上野祥法(ウエノヨシノリ)さんに撮影して頂きましたよ♪

お気に入り俯き御三家を公開させてもらいますね!!
常にこの角度を心がけようかしらん(笑)

2014-11-02-02-39-32


2014-11-02-02-39-33


2014-11-02-02-39-30



今まで、イキモノだからと、その場で味わってもらうことを特に念頭で心がけてきたし、
その気持ちは変わらないのですが、

写真の反応も意外と良くて、
写真から伝わったり感じてもらえるものもあるのだなって
改めて実感しました。

だから、本番は、やっぱり最善を尽くしてやりきる姿勢はもちろん、
写真にも残せる想いや熱を

内面から外側へ出すことへ
もっともっと努めようと決めました。

これからだもの。

精進します。

maru

このページのトップヘ