BluePandaria 住人、maruのうた

何かがまとまって 詩(うた)が生まれた時。 ブルーパンダリア、 maruの世界へ。

タグ:写真

昨日は色々とお試し撮影でした。
image


本日も別の撮影予定でしたが
雨天ということもあり、またあらためて^ - ^
空きが出来たので、ゆっくり体を休められました。よかよか(^-^)

イメージを膨らませて次回の撮影を
楽しみに待ちまる^ - ^♪


そして次なるウタウタイのお知らせです。

おら、東京さ行くだ(^-^)

12月10日(土)

NOMAD Presents 「代官山音楽祭vol.87」

open18:00 start18:30  前売り¥2500・当日¥2800(D代別)

出演者

明日実
多胡紗智
黒澤まどか
咲絵
高島由美
maru

私は5番手、20:50〜の30分ステージです。
お待ちしております^ - ^

ご予約は
marumarupanda@gmail.com
まで(^人^)

もっと色々と頑張りまする♪

競馬行きたいな。という、おまけ写真(笑)
image


おやすみなさい( ´ ▽ ` )

2016.11.27 maru


http://www.aoien.info

昨日のウタウタイも、そうですが
本番前に必ず眺める私の家系図。
image

手帳に挟んで持ち歩いています。

父が亡くなる前には完成していたので
約6年くらい前でしょうか。
知人に勧められて戸籍謄本を取りまくって
纏めて表記して頂いたのです。

歴史の授業で、天皇家の家系図は見たことあったけれど
自分のルーツって、そういえば知らないなって
単純な興味本位から始まりました。

でも、完成したら、、、
こんなに繋がってる人がいて、
会ったこともないけど、
こんな祖父、あんな祖母がいたんだなって
素直に感慨深くて。

時代の流れもあるから、女性の名前は残りにくかったそうで、
山村なんかは特に近い範囲で
婚姻関係にもなるので
苗字が重なったりなどなど。

明治時代から始まった戸籍制度。
ゆえに、戸籍として遡れるのはここまで。
江戸末期に誕生しているご先祖様たち。。。
名前を受け継いでいたり、兄弟多かったり
見てると面白い。
戸籍謄本自体も、歴史を感じられて
昔は手書きだったりします。

其々の家の逸話もあって
あるお爺ちゃんは大酒飲みで山を売ったとか(笑)
本当、飲み過ぎ(笑)
売れる山があることも驚きですが(笑)

まぁ、それはいいとしてf^_^;)

作り込んだ単独公演のときも、
それ以外のウタウタイのときも、
個展でも
なるべく、その本番に臨むテンションやモチベーションは
同等にしていたくて
その都度の心情状態もあるので
一概に常に完璧ってわけじゃないけれど

コレを眺めて、パワーを充電してます。

あと、3人揃って最後に撮った家族写真は
身につけてます。御守り。
もうヨレヨレf^_^;)

紙は火には太刀打ちできないけれど
なんかあったときには
データよりも生存率高いと思っています。
紙の強さを感じたい(笑)

曽祖母の指輪も衣装の一部として
必ず身につけます。
普段づかいの指輪と付け替えまする。

一種の願掛けや変身タイムというか。
maruへのスイッチみたいな。

別にだからなんだって話なんだけども

繋いでもらったんだなぁって
継いでもらって
こんなこと、あんなこと
色々させてもらってるんだなぁって。

誰の遺伝子が色濃く出ちゃって私を造ったのかは定かではないですが
確実に、この壮大な家族のお陰で
maruに臨んでいるのです。
漠然と、す、す、凄い(笑)

会って話したい人が一杯(笑)

因みに、私にも生まれていたら24歳を迎える弟か妹がいます。
たまに、どんな子なのかって思う。
仲良しかな、とか。
いいな、今、24歳とか(笑)

image

今日の夕焼け、綺麗だったから
こんなことツラツラとf^_^;)

私も、私から先を、継いでいけるなら
もちろん継いでいきたいです。
繋げた先に、今の私みたいに

この人、葵って書いてあるけど、
まるだったらしいよ。

とか、話してもらえたら嬉しいな。
そして、その子の名前は、まる、
そのものだったら、どうしましょう!(笑)

血が繋がってなくても、温かい家族はあるし、
繋がっていても殺しあったりする世の中で

必ずしも全ての女性(雌という意味で)が
出産できるわけでもなく
結婚や出産が義務でもないし
経験しなかったからって罪になることもないけれど

私は可能性がある限りは繋げたいな。と
思っておりまる。(^-^)

それもまた大層なご縁だもの。。。

とまぁ、生物的に繋ぐ、継いでいくことも
考えますが
そうでなくても
誰かの内側に遺せる何かを
今日も、彼是、マルを中心に
考えあぐねておるわけでござゐました。

ひとりごと!おしまい!!
image

image


2016.06.18 maru

http://www.aoien.info

my musicart
◎DETARAME◎
http://youtu.be/Jv126biqsAk

#maru #circle #art #en #wa #wagokoro #japan #japanese #artist

“あおいざくら”
image

響きがいいなって、そんなものはないだろうと思ったけれど
調べるとありそうな感じ(笑)

桜が気付いたら満開超えて、
葉桜になっていたので、急に思い立って
カメラマンさん、ひっつかまえて撮って頂いた(笑)

短時間でスケジュール的にここしか!!って
本当に単発、弾丸撮影でしたが
来年まで待てないし、無事に納めて頂いて安堵です。
image

image

撮影 Yoji Noguchi氏
心から感謝を♪

桜の花びらが舞うのを見て、
一緒に踊れたらなぁと思って、いつか今時分くらいのときに
ちゃんとした屋外の舞台で表現できたらと
また新たな目論見が(*・ω・)
image


花もイキモノ、散るからこそ美しひのだと。
いつ散ってもいいように備えておかむと。。
image


と、思うと、俄然、まだまだ散るわけにはいかないけれど(`・д・´)q

気も持ちようです。もっともっと頑張らなくちゃ。
結構、意識が低いなって思うことが沢山あります。
未熟者。



体現も私の作品のうちなので
久しぶりにお写真どうぞ、ご覧くださゐ(●´ω`●)


2016.04.06
maru

maru #circle #art #en

my music art
◉夢言劇◉MUGONGEKI◉
https://vimeo.com/149722129

近ごろ味わい続けている苦痛について、ふと思ふ…

「"maru"に全身全霊を注げよ。」

と導かれているのだ、と。

思い込みで結構!!

私の、いのちを一瞬たりとて無駄にはさせぬわ!!
悪党めっ!!(ご想像にお任せしまる笑)

己が幸せは己が決める。

きっと今の状況は、学ぶべき何かが埋まっているのだ。
そこ掘れワンワン。辛抱の時。

◎写真作品◎
title「マル」
撮影 漆脇 美穂
image

*補足
http://maru-no-kokoro-uta.doorblog.jp/archives/2508567.html
*補足2
最近のマルポーズはこれが始まり(笑)


負けてたまるか!!
畜生めっ!!!

邪心、邪鬼、成敗にて
路を開かむ!!(^ー^)ノ

私は、maru。

2015.08.04
maru

うたかた
http://youtu.be/l_ff2Zl8t70

◎追伸◎
展示では「マル」「ウマル」「キワマル」の三部作で既にお披露目しておりまる。^_^♪

ぽっと、回想録。。。

もう二ヶ月も前になってしまいました。
まだ肌寒かった夜です。

個展の制作に追われるのは日にちだけで、
なんだか身の入らない時間をすごしていたとき

友人の個展があるとのこと、会期ギリギリ、閉店もギリギリな最中、
駅から猛ダッシュして向かいました。
(いろいろ予定があったので余裕をなくす!!)

公園近くの、ひっそりカフェ。
image



遠藤 宏
写真展 NEW WORLD
http://www.i-m.mx/RoomF/HIRO-S-PHOTOGRAPHY/
image


本人もいたけど、とりあえず、そこは無視して(笑)

数点の写真を堪能。

ふと、カメラをもって
ニュージーランドへ・・・

とか言ってみたいもんです。
散歩か!!(笑)

雄大な風景はもちろん、何が良かったって、近頃はデータばかりなので
ちゃんと「写真」になっていることが先ずよかった・・・
当たり前のように思うかも知れませんが、
物体になってこそ、
紙に投影されてこそ、
と改めて思いました。
image


そして、写真を通して、彼がレンズ越しに覗く姿だとか、
その土地の、その時の風や空気、光、
映りこむすべてのものを想像できて、思わず、目を閉じていたんです。
ニュージーランドには一度も行ったことないけれど
想いだけ、そこへ旅したような…
懐かしい気持ちにもなりました。


私にとっては、
見ずして味わう、これは傑作。
と感じられました。
image



写真の奥深さは私には計り知れませんが
撮って頂くことが多いなかで

その瞬間の感動を切り取る

というのは、ナマモノ重視、鮮度が命な私にとっては
一生できないことなので、
ただただ凄いなと感心するばかりです。

が、その写真の中に、自身の想いは残せるのでは?と
考えてもいるので、、
写真作品になるべき被写体としての努めはしていこうと。

遠藤くん、
今もどこか旅の途中かな…
この日、再会する前は、
気付いたら海の向こうだったので、

また、時が巡ってきたら、
彼と彼の作品に会いたいです^_^


素敵な何かを、どうもありがとう◎


2015.05.21
maru

12月ですね・・・と。


先日、こっそりと単身で写真撮影してきました。
image

今月開催の「メグル荘」の空中庭園と地下遊宴で
数点、ラクガキに混ぜて展示しようと思っています。


“いつ、今ある身体や精神を失うか分からない”

と三十路を前に、今後の行く末なども視野に入れて、
やっぱり漠然としてますが、人生、昇るも下がるも此処が節目という気がしてまして、
自身で設けた通過儀礼というか・・・

(もちろん20日と21日に開催するBluePandaria単独公演もそうです。)

先に断っておきますが、決して暗いお話ではありませんよ。

自分が死んで、お葬式してもらえたとして、
生き様maru展を同時に催したいなって思ってて。

この瞬間を写真という形で作品に出来たら有り難いと、
以前、高北幸矢さんの作品展のなかで撮影に携わっていただいた漆脇美穂さんに
お願いしました。

心の底から、完成が楽しみです。

爽やかにも撮りたかったけど、結局、ちょっと変で気持ち悪くします。と
方向転換してからが調子良かったです。
静も動も感じてもらえればと思っています。

全貌はまた作品として整ったときに…
image

顔面にもラクガキしました。

と、全身全霊をかけてたので、昨日まで、魂どっかいってました。
今も、ちょっと浮いてる感じ。

が、しかし、20&21のために、また全身全霊かけます。
いつもそうだけど、私ひとりでやれていることではないので。
2014-11-26-14-32-23

2014-11-26-14-32-15


今度の公演も新曲届けられそうです。tamaちゃんが、とびきりいいネタを用意してくれました。
あとは捌くだけです。包丁研いどきます・・・歌詞・・・歌詞・・・・歌詞・・・・・・・・・・・・・('A`)
いでよ。。。。。歌詞!!!!!


今、在ってくれるモノゴト、ヒトを大切にします。
去りゆくものに対しては時に委ねるのみ。
引き留めようとしないこと。いちいち傷つかないこと。
過去に恩恵を受けたんだと、それでチャラにすれば楽なのだと。


ではでは、今夜は納品しに豊橋まで出かけてきまる。

MAJI,SAMMY



maru







このページのトップヘ