BluePandaria 住人、maruのうた

何かがまとまって 詩(うた)が生まれた時。 ブルーパンダリア、 maruの世界へ。

タグ:命懸け

こんにちは^^
本日もアトリエenはなれ(小屋)にて^^
ほぼ実験、思いつくままに◯を描いています。
神経を使いながら集中力が切れたら切れたで面白い◯が誕生!
IMG_7137


近ごろ色々と考えます。コロナウィルスも、やはり丸い。
目に見えない縁(en)や繋がり、気持ちを、それが良きものとして、大切にこつこつ描いてきて、ウィルスもまた目に見えない存在で、私たち人間にとっては脅威ではあるけれども、ウィルスもまたその生命を保つために必死。私は、いつもぼんやりと死を意識はしていても、覚悟は出来ていないのかもなぁと考えながらも、覚悟して最期を迎えるのも、また違う気もするし。
モノコトの良し悪しを図るものとは何なのか。
そして、真の意味での「繋がり」とは何ぞや?と、問うてみたり。
便利だけれども、すぐに繋がれちゃうのも趣に欠ける気もする…何かしら振り回されることもたくさんありますし。
断ちたいシガラミになっては意味が無い。
詰まりのない話です。堂々巡りで、宙にenを描くような。ぐるぐる。
そういう時間は、こういうときに得られるものなので、大事に使います。
「懸命」とは偉大な言葉ですね。
乱文です。読んで頂きありがとうござゐます。

IMG_7011

とにもかくにも、マルは面倒だ。

2020.04.17  maru

“懸けてはいなかった”

と、先日、とある方々と打ち合わせしていて
自分の中の第三者的な、もう一人の自分が
薄々分かってはいたけれど
見て見ぬ振りというか
制作などもあって向き合う時間を遠回しにしてきた自覚が
やっとこさ、もたらされました。

伝えたいことが上手く言葉に出来ず
真剣になるあまり
悔しかったりして泣きながら話す(^-^;

2日経って、想いがまとまってきたので
その方々へ向けて、一人ずつ
伝えたいことを思い描いていました。

直ぐにメールしようかとも思ったけれど
なんか違うなぁって
やっぱり、お手紙を。

文字を書くことも減りました。
かつ、こんなに長くは久しぶり。
途中、誤字脱字なおせるように
シャープペンシルで綴りました。
image

まだ足りない気もする。。。
でも読む方も大変なので、4枚びっしりで
とどまった(^-^)

愚痴をこぼしたり、ヤケ食い、やけ酒、、、
そういう発散、解毒の仕方もあるけれど、
手紙というのは
誰かに伝えたいと思いながら、
私自身が見えてくる、だんだん整ってくる、そんな気がして
吐き出しながら、またその中から
言葉も想いも掬い上げていくような
そんな心の整頓が出来ました。

頑張ります。
うむ。

生き永らえることを忘れません。
ゆえの
「命懸け」への準備をこつこつ!!
image


2017.01.12 maru
http://www.aoien.info



このページのトップヘ