BluePandaria 住人、maruのうた

何かがまとまって 詩(うた)が生まれた時。 ブルーパンダリア、 maruの世界へ。

タグ:家族

流れて行く時間に追いつけないでいます。
日々のこと、こつこつ纏めてこそ
昇華していけるのだから
手軽さばかりに頼ってはいけませんね。。。
日記としてblogは大切に綴っていきます。
流れていくタイムラインでは、どうせ触れられないのですから
書きたいことは、こっちにガッツリと。

image


9年前、大学の卒業間近、二度目のシアトル。
ホストファミリーに会っておきたくて、
卒業旅行を兼ねて単身、出かけました。
ちょうど2月の冬でした。
image

いちよ内定はもらっていて、サービス業に就くことになっていて
まとまって休みも取れないことは決まっていたので
今しかない!と2週間くらい。

シアトルへは大学3年時の夏に、英米文化を学びつつも
外国へ一度も行ったことがなかったので
何となくマズイなって思って色んな紹介を経て
辿り着いた先がシアトルの家族の元です。

ママは日本人、かつ生まれは西尾市で同郷なのです。
彼女とのやりとりの中で、
神田葵をパパのデイヴィッドに紹介したところ

PANDA??!!

神田をパンダに聞き間違えたことから、
私のニックネームはパンダちゃんに(笑)

葵が母音ばかりで発音し辛かったのもあいまって
パンダ、パンダと呼ばれるうちに

パンダ、、、かわいいな。。。

と、パンダ好きmaruが生まれるわけです。
image


このブログは遡れば遡るほど
ハイパー恥ずかしいのですが(笑)
そもそもは詩を掲載するのみで始めて
maruのblogじゃタイトルとして締りがないなぁなんて

神田→パンダ 葵→青い→ブルー

ブルーパンダ。。。。

世界観として、青色のパンダはポップすぎるなと

ブツブツつぶやきながら発した先が

「ブルーパンダリア」

です。ブルーパンダリンと迷って
ブルーパンダリアの方が、なんとなく広がってく
イメージが湧いて、
造語なわけだから、
私、神田葵を核にした理想郷を目指していこう、
なんて、ゆくゆくの流れなんですけれど(笑)

私の進んできた道のりは、後付とか多くて
maruと名乗り始めてから、
まるいものに目がいくようになって
世の中のマルって多いなぁ
熟語も素敵な意味合いのもがおおいなぁと
人生においてマルの存在価値とは何だろうなんて

やり続けてな今です。

話が脱線してしまったようね。うふふ

とはいえ、実は、一度目のシアトルの時から、
その破片は芽生えていて、
一昨年亡くなってしまったデイヴィッドの父上のシェルダンは、
ガラス職人で素敵なオブジェなど、とにかく綺麗な作品を沢山
生み出していた。
シアトルの街は、私が訪ねた限りでは、アートに溢れていたし
色んな人種の人たちが暮らしていたから
多文化で、とても興味深いところでした。

ミュージアムもところどころにあって
童顔に見えたのか受付の人が間違えてくれるので
中学生の料金で入ったりしてました(笑)

ファミリーのお友達の家には簡易スタジオもあって
そこで即興でセッションしてレコーディングまでして
その曲の一部を今でも覚えていて
何とか、それを種にして形にしたい願望はずっとあって。。

とにもかくにもとザックリまとめに逃げてしまうわけですが、
シアトルでの短期間での生活は、
永遠のエネルギー、糧になっているように思います。

デイヴィッド夫妻は、数年に一度、日本へ立ち寄るたびに
再会はしていたけれど、
そのお友達、一緒にセッションしてくれたアンドリューたちは
まるっと9年ぶり。

今回、彼らが日本に来るというので
初めて、ママ菜穂子さんの実家をお借りして
ホームコンサートなるものを開催したのです。

こんな機会は、すぐにはやってこないと思って
出来る限りの装飾品を準備したところ
頼もしい会場の皆様のお陰で
予想以上に空間から創ることが出来ました。
感謝。

英語は片言だし、聞き取る、ヒアリングが超絶苦手なので
(単なる勉強不足ですが)
伝えたいことだけでもつたえむ!!と
ニュージーランドに住んでる親友に翻訳をお願いしたりして
プログラムを用意しました。
記念品替わりに。
image


単身で臨んでいるパフォーマンスを貫きました。
と言っても、それしか出来ないのですが(笑)

英語の曲で有名どころを曲を選ぶにも
演奏できないし。。。

ただ、ここ数年、自身で気付いてから大切にしている
私の生まれた背景、日本に伝承する文化、心遣い
そんな和心は徹底したいと
君が代は舞い唄いました。
image


時差ボケも重なって疲れているのに
再会を喜んでくれて、粋なプレゼントとハグまで。。。
image

嬉しくて泣くなんてこと暫く無くって
汚れきってた心を綺麗にしてくれるのは、
私にとっては、やっぱり芸術や表現にふれる時間なのだと思いました。
image


もやもやしてきたものが何なのか少しずつ晴れつつあります。
自分次第だと強く思う今日この頃。
しかしながら、身勝手に振る舞うことと果敢に挑戦するのは
また別次元のお話。
理解してもらおうとも思いませんが、
そんなになのか!!というのは放っていかねばと。
image


出来る限りの準備をして頑張ります。
まるちゃんのやるならやらねば
です。これ伝わりますか??(笑)
世代。。。(笑)

最後にシアトルの家族、それを超えた世界の皆さんへ
伝えたかったメッセージをここに記して
今日は終わりにします。
image


I'd like to show U and people in the world about the sanctity of life, the joy of living and thoughtful consideration to other people while
I value my background.
I go beyond color, I love my friends and family.
Im anxious for peace of the world.
So, I keep performing arts as an artist "maru" with "circle". Thank U soooooo much!!!!

私の生まれた背景を大切にしながら、いのちの大切さや、生きる喜び、本当の思いやり(心)を、
すべての人々へ届けたいのです。
肌の色に関わらず、私の家族や友人は愛すべき存在です。
世界の平和を祈り、maruとして表現し続けます。
ありがとうござゐまる。


長くなりました。
詰まりのない文章、乱文にて
失礼を。。。

かしこ。


2017.02.28 maru
http://www.aoien.info



昨日のウタウタイも、そうですが
本番前に必ず眺める私の家系図。
image

手帳に挟んで持ち歩いています。

父が亡くなる前には完成していたので
約6年くらい前でしょうか。
知人に勧められて戸籍謄本を取りまくって
纏めて表記して頂いたのです。

歴史の授業で、天皇家の家系図は見たことあったけれど
自分のルーツって、そういえば知らないなって
単純な興味本位から始まりました。

でも、完成したら、、、
こんなに繋がってる人がいて、
会ったこともないけど、
こんな祖父、あんな祖母がいたんだなって
素直に感慨深くて。

時代の流れもあるから、女性の名前は残りにくかったそうで、
山村なんかは特に近い範囲で
婚姻関係にもなるので
苗字が重なったりなどなど。

明治時代から始まった戸籍制度。
ゆえに、戸籍として遡れるのはここまで。
江戸末期に誕生しているご先祖様たち。。。
名前を受け継いでいたり、兄弟多かったり
見てると面白い。
戸籍謄本自体も、歴史を感じられて
昔は手書きだったりします。

其々の家の逸話もあって
あるお爺ちゃんは大酒飲みで山を売ったとか(笑)
本当、飲み過ぎ(笑)
売れる山があることも驚きですが(笑)

まぁ、それはいいとしてf^_^;)

作り込んだ単独公演のときも、
それ以外のウタウタイのときも、
個展でも
なるべく、その本番に臨むテンションやモチベーションは
同等にしていたくて
その都度の心情状態もあるので
一概に常に完璧ってわけじゃないけれど

コレを眺めて、パワーを充電してます。

あと、3人揃って最後に撮った家族写真は
身につけてます。御守り。
もうヨレヨレf^_^;)

紙は火には太刀打ちできないけれど
なんかあったときには
データよりも生存率高いと思っています。
紙の強さを感じたい(笑)

曽祖母の指輪も衣装の一部として
必ず身につけます。
普段づかいの指輪と付け替えまする。

一種の願掛けや変身タイムというか。
maruへのスイッチみたいな。

別にだからなんだって話なんだけども

繋いでもらったんだなぁって
継いでもらって
こんなこと、あんなこと
色々させてもらってるんだなぁって。

誰の遺伝子が色濃く出ちゃって私を造ったのかは定かではないですが
確実に、この壮大な家族のお陰で
maruに臨んでいるのです。
漠然と、す、す、凄い(笑)

会って話したい人が一杯(笑)

因みに、私にも生まれていたら24歳を迎える弟か妹がいます。
たまに、どんな子なのかって思う。
仲良しかな、とか。
いいな、今、24歳とか(笑)

image

今日の夕焼け、綺麗だったから
こんなことツラツラとf^_^;)

私も、私から先を、継いでいけるなら
もちろん継いでいきたいです。
繋げた先に、今の私みたいに

この人、葵って書いてあるけど、
まるだったらしいよ。

とか、話してもらえたら嬉しいな。
そして、その子の名前は、まる、
そのものだったら、どうしましょう!(笑)

血が繋がってなくても、温かい家族はあるし、
繋がっていても殺しあったりする世の中で

必ずしも全ての女性(雌という意味で)が
出産できるわけでもなく
結婚や出産が義務でもないし
経験しなかったからって罪になることもないけれど

私は可能性がある限りは繋げたいな。と
思っておりまる。(^-^)

それもまた大層なご縁だもの。。。

とまぁ、生物的に繋ぐ、継いでいくことも
考えますが
そうでなくても
誰かの内側に遺せる何かを
今日も、彼是、マルを中心に
考えあぐねておるわけでござゐました。

ひとりごと!おしまい!!
image

image


2016.06.18 maru

http://www.aoien.info

my musicart
◎DETARAME◎
http://youtu.be/Jv126biqsAk

#maru #circle #art #en #wa #wagokoro #japan #japanese #artist

旬を逃しました、、、
鯉のぼり一家。

細部を施して、熱入れて、
つい先日、完成〜〜〜

image

image

image

image

image


縦にしちゃうと、、、
しっくりこなひ、、、
image

やはり横。
image

うろこ。
image


諦めずに、一家を手がけてよかったです。


2016.05.17
maru
http://www.aoien.info

#maru #circle #art #en #wa #wagokoro #japan #japanese #artist #flair #show #tatula

このページのトップヘ