BluePandaria 住人、maruのうた

何かがまとまって 詩(うた)が生まれた時。 ブルーパンダリア、 maruの世界へ。

タグ:戦争

今日だから敢えてということではなく、
平和も願いながらマルを描いています。

心を和やかに。
戦う前に、マルで心を宥めてもらえればと。

image



#終戦記念日

2017.08.15 maru (神田 葵)

*間がずっと空いていますが、埋めるように書いていきまする。今日は一旦、大事なことなので。

今だからこそ、私は“和心”に重きを置く。
image

毎日、楽しく笑顔で活きるべきだし、日本では、それが出来る世の中です。もちろん、それはとっても素敵なことo(^_-)O
でも“戦争”は人を、世界の心を変えてしまふ。。
死を強いられた時代を過ごさざるを得なかった人たちが居たし、今も、戦地は存在しています。
image

現状の私は、掻い摘んだ過去を忘れないでいることしか出来ませんが
“いのち”を体現することで、私はこれからもmaruを活きていきたいです。

オリンピックも賑やか嬉しいお報せ沢山で感化されますし、あのアイドルグループの解散にも驚きですが、もう少し、弔う時間があってもいいのではないかと思う本日でござゐまる。
なんか、いろいろと緩い。。(*_*)

と、辛気臭い、この手の記事は嫌われがちなんでしょうけども(笑)

今日だけに留まらず、記憶の片隅にでも残しておかなければならない想ひがあるかと。。。
71回目、終戦記念日。

久しぶりに、紙にラクガキしました。
ちょと落ち着いた。

2016.08.15 maru
http://www.aoien.info


最新曲にして、久しぶりのライヴ動画です。
image

鮮度満点のmaru^_^
いっぱい聴いて欲しいです。

http://youtu.be/5wFDMErdP6s

◉「終始符」◉

もしも私が生まれてこなければ
世界は どうだったろう?
きっと きっと 変わらないでせう

もしも あなたが 生まれてこなければ
今日も 明日も
きっと きっと 消えてしまうでせう…

悲しみは解き放て未来へ
泣かないで また会えるから…

見えない何かに怯えてる
見えてる何かにも怯えてる

キミと約束したね?
とおい とおい お空のむこう

悲しみは解き放て未来へ
泣かないで また会えるから
泣かないで 笑顔のままで
笑っていて

========================

image


冒頭。
“わたし”の存在を卑下しているのではなくて
大切な“あなた”在りきの“わたし”ということを強く訴えたくて、作詞しました。

“わたし”がいることより“あなた”がいることの影響力の大きさを
対比することで、より深く伝えるために。


始まって、終わって、
始めて、終えて……

命や人生の循環をイメージしています。
大きな大きな宙を舞うヱン。

受け取り方の自由を狭めたくもないし、
あまり想像を限定したくないから書くか迷いましたが。。。


死んでしまって棺の中から思う最期の言葉というか、
別れを惜しんでくれる人たちへ
先を逝く者からの餞として。

そんなことを、いつものように妄想しております。


“わたし”でも“あなた”でもない“キミ”を登場させたのも
色んな人との繋がりや縁を、
目に見えぬ関わりを連想させたかったんです。

共存していること
死が終わりではなくて、次世代への始まりになるということ

漠然としているけれど、
受け継がれるものへの尊さが、
時代にも、その瞬間にも、しっかり刻まれるように。

旋律はどこか、もの悲しい聴こえかもしれませんが

そこも相変わらず、想いは前向き!!
ポジティブソングでっす(笑)

ひとつ、ひとつの区切りとしての「終始符」。

皆さんにとっての目標(めじるし)代わりにしてもらえたら嬉しいです。

8月15日のとこ、お盆であることも
必然と、この作品の糧になっています。
自覚はなかったけれど
後で気づかされたといいましょうか。

この時分に向かい合うべき過去の出来事や
古来からの行事、習慣においても、
妄想力、掻き立てられました。

悪循環に歯止めをかけるためにも、去り行くしか出来なかった魂に、
幸せを願って祈ってもらっているのだと信じていたいです。


========================

ピアニスト、KIXIにアレンジしてもらって自由に唄っておりまる♪
この日の空間と、互いの呼吸で、本番で完結したというか^_^
アドリブ祭りでした(笑)
歌詞の前後ありますが、そこは、ご愛嬌!!

KIXIちゃんの思いも、しっかり音に混ざってます。
image



より多くの方に届きますように♪
いつも、ありがとうござゐまる
m(_ _)m

2015.08.12
maru

「和」の意味を改めて知ろうと思いました。
image


仲良くする。
大切にしあう。
争いをやめる。
仲直りする。
調和をとる。

足し算の答えも「和」という。。。

以上に挙げたのは、一例です。

日本文化にも、その真髄が根付いているようにも思えます。
「和」
image

image


この時分は何年経っても、考えるべきとき。
原爆投下、終戦・・・

平和への祈り。

当時のことを知る方々が減ってきた今、また感覚が歪み始めているようで
怖くもなります。

戦争だけじゃない、日々の犯罪についても。。。

私に流れている血は、どこから来て、どこへ行くのだろう。
image



命を授かったからには、奪っていい命もないし、
投げ捨てていい命もなくて

“同じ命”


先ず、大切な人を守るためには、どこかで誰かが何かを奪うことを止めなければいけない。
復讐の気持ちや、恨みを払拭することが出来る日が来るのかと疑問符。。

しかしながら、諦めてはいけない。
絶対に。

拙い表現しか出来ないけれど、
内側に留めておくよりはマシかと存じます。


健やかに、穏やかに、
そして、"和"やかに万物が過ごせるように
夢は大きく描きます。

だから、今日も。

まぁるい、まぁるい、ヱンを描かむ。
image



2015.08.06
maru

http://vimeo.com/m/74498301
http://vimeo.com/m/74498300

このページのトップヘ