BluePandaria 住人、maruのうた

何かがまとまって 詩(うた)が生まれた時。 ブルーパンダリア、 maruの世界へ。

タグ:生

80歳は越えているだろうか?
杖をついて歩く足どりは
少し覚束ないように見える。

博多駅、新幹線が出発する、その直前まで
二人の女性が別れを惜しみつつ
笑顔で手を振りながら

“さよなら、またね。^ - ^”

と挨拶し合っていらっしゃった。

ご姉妹なのか、ご友人なのかは
定かではないけれど

なんだか勝手に、目頭熱くなり
じんわり涙にじむ。。。

最後ではないと願いつつも、

“またね、があるかしら?
次は最期のときかもね。^ ^”

と、お互いの目を見つめ合って
聞こえぬお喋りをしているようだった。


沢山の人が行きかう場所で
不思議な気持ちになりました。


さて、初めての新幹線さくらは
ゆったりさん^ ^

半年ぶりな防府へ!!^^


旅のまとめは改めて^ - ^
image



2017.04.26 maru
http://www.aoien.info







河童から元の姿に戻りまして、コツコツまとめの続きです。

♪013号室、ひかりのうた
image

これを創ったのは、さかのぼること約7年前です。もう、こんなに経ってしまいました。
大学を卒業する時期でした。23歳になる年でした。
友人が突然、息をひきとりました。
胸にグッと何かが刺さったみたいで、今までに味わったことのない衝撃でした。

「生きる」「死ぬ」
“いのち”とは何だろう、と漠然と、でも見えないなにかに怯えたり・・・

今でもそうですが、迷い道の最中でしたので、「死ぬ」ということは避けられないのだから、
やっぱり何とかするのは自分でしか出来ない、というのは、それが出来ているかはのぞいても、
直感として得た答えです。

BluePandariaを創造し始めた時分から守っている作品でもあります。
久しぶりに表舞台では唄いました。
正直、今でも満足いくようには唄えていません。それは技術的な面で。

でも、これこそ、明るい曲です。

歌詞に出てくる情景には、私につながるものを描いています。
色んな人や場所、アルバムをめくるみたいに、想いと声に重ねています。

あと7日と言わず、明日、死んでしまうかもしれない今日です。
だから、この「メグル荘」終盤に選びました。

うろ覚えですが、tamaとカラオケボックスで曲作りした気がします。
金山駅のところ。


其の六へつづく

このページのトップヘ